Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」や「Microsoft Edge」にセキュリティ更新 - ゼロデイ脆弱性に対応

Googleは、Windows、macOS、Linux向けにブラウザのセキュリティアップデート「Chrome 100.0.4896.127」をリリースした。

同アップデートは、セキュリテイに関する2件の修正を実施したもの。同社の脅威分析グループより4月13日に報告があった脆弱性「CVE-2022-1364」に対処している。

「CVE-2022-1364」は、搭載するJavaScriptエンジン「V8」に明らかとなった「型の取り違え」が生じる脆弱性で、すでに悪用コードが出回っていることを確認しているという。

「Chromium」が更新されたことを受けて、マイクロソフトでは「Microsoft Edge 100.0.1185.44」をリリースし、「CVE-2022-1364」に対応した。

また同社では独自の修正として権限の昇格が生じる「CVE-2022-29144」に対処した。重要度は上から2番目にあたる「重要(Important)」で、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.3」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2022/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ