Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例パッチを公開、脆弱性119件を修正 - ゼロデイ脆弱性にも対処

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新プログラムをリリースし、「クリティカル(Critical)」とされる10件を含め、あわせて119件の脆弱性に対応した。一部では悪用も確認されている。

今回のアップデートは、「Windows」「Office」をはじめ、「Active Directory Domain Services」「Azure SDK」「Windows Hyper-V」「Skype for Business」「Power BI」「Windows App Store」「.NET Framework」「Visual Studio」など幅広い製品を対象としており、CVEベースで119件の脆弱性に対処した。

脆弱性の最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は10件。のこる109件は次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

脆弱性によって影響は異なるが、リモートよりコードを実行される脆弱性、権限昇格の脆弱性がいずれも47件。さらに「情報漏洩(13件)」「サービス拒否(9件)」「なりすまし(3件)」を修正している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」によるベーススコアを見ると、96件が「7.0」以上と評価されている。

このうちMicrosoftネットワークファイルシステムに明らかとなった「CVE-2022-24491」「CVE-2022-24497」については、リモートよりコードを実行されるおそれがあり、いずれも「9.8」と高い。また「CVE-2022-24765」「CVE-2022-24767」については公開時点で未評価となっている。

(Security NEXT - 2022/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性