Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の既往歴など含む保健調査票を誤廃棄 - 相模原市

神奈川県相模原市は、小学校において、進学先へ引き継ぐべき児童の保健調査票を誤って廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、3月29日、進学先に引き継ぐべき6年性98人分の保健調査票を、ほかの廃棄書類と一緒に誤って廃棄したもの。

保健調査票には、児童の既往歴やアレルギー、現在の健康状況などが記載されていた。同月31日、進学先から引き継ぐはずの保健調査票が届かないと指摘があり、誤廃棄が判明した。

同校では、対象となる児童の家庭訪問を実施し、児童と保護者に経緯を説明して謝罪。保健調査票についてはバックアップデータから復元し、進学先への引き継ぎを行った。

(Security NEXT - 2022/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も