Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SonicWall製ファイアウォールの「SonicOS」にRCE脆弱性

SonicWall製のファイアウォール製品に基本ソフトとして搭載されている「SonicOS」に深刻な脆弱性が明らかとなった。脆弱性を解消したアップデートやホットフィクスが提供されている。

HTTPリクエストの処理にスタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-22274」が明らかになったもの。同脆弱性を悪用された場合、リモートよりコードを実行されたり、DoS攻撃を受けるおそれがある。

同脆弱性はウェブ管理インターフェースに存在しており、「SSL VPN」のインターフェースについては影響を受けない。脆弱性の悪用や、実証コードの公開などは確認されていないという。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」によるベーススコアを「9.4」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

同脆弱性の判明を受けて、アップデートとなる「同7.0.1-5051」「同6.5.4.4-44v-21-1519」をリリース。ファームウェアが2022年4月中旬に公開予定となっている一部製品には、ホットフィクスとなる「build 7.0.1-5030-HF-R844」を用意した。

同社は、あわせて「SonicOS」の管理画面へのアクセスを信頼できるソースに制限する一時的な回避策をアナウンスするなど、同社製品の利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性