Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートが公開

VMwareは、「VMware vCenter Server」に脆弱性が明らかになったとして、アップデートをリリースした。

パーミッションの設定に不備があり、管理権限を持たない攻撃者によって情報を窃取されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-22948」が明らかとなったもの。外部より非公開で報告を受けたという。

「同7.0」についてはすべてのプラットフォームが影響を受ける。「同6.7」「同6.5」については仮想アプライアンス版のみ影響があるとしており、Windows版は影響を受けない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.5」で、重要度は「中(Moderate)」とレーティングされている。

同社では脆弱性を修正した「同7.0 U3d」「同6.7 U3p」「同6.5 U3r」をリリースした。「VMware Cloud Foundation」についても「同3.11」を提供を開始したが、「同4.x」向けのパッチについては保留中となっている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性