Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートが公開

VMwareは、「VMware vCenter Server」に脆弱性が明らかになったとして、アップデートをリリースした。

パーミッションの設定に不備があり、管理権限を持たない攻撃者によって情報を窃取されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-22948」が明らかとなったもの。外部より非公開で報告を受けたという。

「同7.0」についてはすべてのプラットフォームが影響を受ける。「同6.7」「同6.5」については仮想アプライアンス版のみ影響があるとしており、Windows版は影響を受けない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.5」で、重要度は「中(Moderate)」とレーティングされている。

同社では脆弱性を修正した「同7.0 U3d」「同6.7 U3p」「同6.5 U3r」をリリースした。「VMware Cloud Foundation」についても「同3.11」を提供を開始したが、「同4.x」向けのパッチについては保留中となっている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性