Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でワークショップ参加者の個人情報が流出 - 千葉市

千葉市は、ワークショップの参加者へ送信したメールにおいて、個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、3月7日18時前、「第4回旧検見川無線送信所の利活用に関するワークショップ」の参加者に対し、委託先が送信したメールにおいて送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、メールアドレス26件と5人分の氏名が受信者間で閲覧できる状態となった。

翌8日、受信者から指摘があり問題が判明した。同市では同日、対象となる参加者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市