Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング製品「i-FILTER」に脆弱性 - 更新して設定変更を

デジタルアーツのウェブフィルタリング製品「i-FILTER」において失効された証明書の検証に不備が明らかとなった。最新版へ更新し、設定を行う必要がある。

失効した証明書を正しくチェックしない脆弱性「CVE-2022-21170」が明らかとなったもの。中間者攻撃(MITM)が行われるおそれがある。

「同10.45R01」「同9.50R10」および以前のバージョンのほか、「i-FILTER ブラウザー&クラウド MultiAgent for Windows」や「D-SPA」なども脆弱性の影響を受けるという。

同社では脆弱性の周知にあたり、情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同社はアップデートをリリースしており、更新後に管理画面より証明書の失効状態を確認する設定へと変更するよう注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市