Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに脆弱性やバグを修正した最新OSとなる「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」をリリースした。

今回のアップデートでは、カーネルに明らかとなったバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-22593」やWebKitに関連する4件の脆弱性をはじめ、CVEベースであわせて10件の脆弱性を解消した。

「IOMobileFrameBuffer」に明らかとなった「CVE-2022-22587」は、メモリ破壊の脆弱性。悪意あるアプリケーションよりカーネルの権限でコードを実行されるおそれがあり、すでに悪用の報告を受けているという。

また同社は、「tvOS 15.3」「watchOS 8.4」をあわせてリリースした。いずれも「CVE-2022-22587」の修正は含まれていない。「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-22578
CVE-2022-22579
CVE-2022-22584
CVE-2022-22585
CVE-2022-22587
CVE-2022-22589
CVE-2022-22590
CVE-2022-22592
CVE-2022-22593
CVE-2022-22594

(Security NEXT - 2022/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で