Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正

Oracleは、2022年1月に公開した四半期に1度の定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」のアップデートを実施し、18件の脆弱性を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、あわせて18件の脆弱性を解消したもの。これらは特定条件下でリモートよりコードを実行されるおそれがあるが、いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「7.0」未満と評価されている。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 17.0.2」「同11.0.14」「同8u321」「同7u331」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition 21.3.1」「同20.3.5」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性