Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正

Oracleは、2022年1月に公開した四半期に1度の定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」のアップデートを実施し、18件の脆弱性を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、あわせて18件の脆弱性を解消したもの。これらは特定条件下でリモートよりコードを実行されるおそれがあるが、いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「7.0」未満と評価されている。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 17.0.2」「同11.0.14」「同8u321」「同7u331」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition 21.3.1」「同20.3.5」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供