Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出

処方箋薬の宅配サービス「とどくすり」を展開するおかぴファーマシーシステムは、会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月12日10時半ごろ、システムのリニューアルを会員へメールで案内した際、会員のメールアドレスが流出したもの。

6926件のメールアドレスを10件ごとのグループにわけ、700回にわたって送信したが、それぞれで送信先を宛先として設定していたたため、同一グループで送信された受信者間でメールアドレスを確認できる状態となった。

同社では同日、対象となる会員に対してメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少