Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出

処方箋薬の宅配サービス「とどくすり」を展開するおかぴファーマシーシステムは、会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月12日10時半ごろ、システムのリニューアルを会員へメールで案内した際、会員のメールアドレスが流出したもの。

6926件のメールアドレスを10件ごとのグループにわけ、700回にわたって送信したが、それぞれで送信先を宛先として設定していたたため、同一グループで送信された受信者間でメールアドレスを確認できる状態となった。

同社では同日、対象となる会員に対してメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード