Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度は「朝日生命」、生保契約者狙うフィッシングに注意

「朝日生命」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。11月以降、生命保険会社のブランドを悪用したフィッシング攻撃が目立っている。

フィッシングメールでは、セキュリティシステムを更新したなどと説明。登録事項を再確認する必要があるなどとだまし、偽サイトへアクセスを促していた。

誘導先のフィッシングサイトは「朝日生命」の顧客向けサイト「あさひマイページ」を偽装。ログインに必要となる情報のほか、生年月日、暗証番号、口座情報などをだまし取ろうとしていた。

12月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

同協議会では、「朝日生命」以外にも11月に「明治安田生命」、12月に入ってから「住友生命」「アフラック」に関するフィッシング攻撃の報告が寄せられているとして注意喚起を行っている。さらに攻撃対象のブランドを拡大するおそれがあり、これらブランド以外の生命保険会社を利用している場合も、警戒が必要となる。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因