Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」

KDDIや同社ブランド「au」を装い、個人情報や電子マネーをだまし取る悪質なショートメッセージが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

「利用料金が設定した金額を超えた」「利用料金の未払い金がある」「支払いの確認が取れない」などと不安を煽る「ショートメッセージ(SMS)」を送りつけ、偽サイトへ誘導する「スミッシング攻撃」が確認されたもの。

誘導先では、IDやパスワードを詐取。さらに料金の未払い金があるなどと説明し、支払方法として「iTunesギフトカード」のみ対応しているかのようにだまし、ギフト券番号を入力させようとしていた。

SMSにおいて誘導先のURLに短縮URLを利用。最終的に転送されるフィッシングサイトでは、ダイナミックDNSサービス「duckdns.org」を悪用したドメインを用いていた。

11月26日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「処理水放出」に便乗するフィッシング - 「1000万円を支払う」と偽サイトへ誘導
「マイナポイント事務局」装う偽メールに注意 - ポイント失効と不安煽る
「ETC利用照会サービス」装うフィッシング - 自動解約機能に便乗
NTTドコモ装うフィッシング - 「dカード利用停止」と不安煽る
「取引を規制」などと騙すフィッシング - みずほ銀を偽装
ANAマイレージ会員を狙うフィッシングの報告が増加
攻撃準備段階のフィッシングサイトを検出するサービス
フィッシング攻撃が公共機関メアドを悪用 - 迷惑メール例外設定に便乗か
総務省かたるフィッシング - 固定資産税の納付通知を偽装
自動車保険料の請求に見せかけたフィッシング