Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も

「Azure Active Directory」において情報が漏洩するおそれがある脆弱性が明らかとなった。脆弱性そのものは10月末から11月初旬にかけて解消済みだが、修正以前の利用状況によっては、利用者側で追加の修正が必要となる場合があるとし、注意を呼びかけている。

「Azure Active Directory」をはじめ、「Azure Automation」「Azure Migrate」「Azure Site Recovery」において、情報漏洩の脆弱性「CVE-2021-42306」が明らかとなったもの。

同社によると、認証証明書の一部として、平文のプライベート鍵データが「Azure ADアプリケーション」や「サービスプリンシパル」上にアップロードされると、アプリケーションを読み取るアクセス権を持つテナント内のユーザーやサービスによって、追加された「プライベートキーデータ」を読み取ることが可能になるという。

同社は、脆弱性の重要度を4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.1」と評価した。脆弱性の悪用や公開は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も