Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性

サービスプロバイダー向けに提供する「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

同社によると、443番ポートへアクセスできる場合に、システムの環境変数が参照可能となる脆弱性「CVE-2021-22034」が明らかとなったもの。非公開で報告を受けたという。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3.1のスコアは「5.3」としており、同社は重要度を4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。

同社は脆弱性を修正した「同8.6」をリリース。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
「OpenSSL」にアップデート - 複数の脆弱性を解消
アクセス制御ツール「Pomerium」に脆弱性 - アップデートを
「Barracuda ESG」脆弱性、修正の7カ月前に悪用の痕跡
エンカレッジ製のUNIX/Linux向け証跡記録ソフトに脆弱性
Google、「Chrome 114」をリリース - 複数の脆弱性を修正
「iTunes for Windows」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Barracuda製メールセキュリティ製品に脆弱性 - すでに悪用も