Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング

フリーマーケットアプリ「メルカリ」の利用者を狙ったフィッシング攻撃の報告が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フリーマーケットアプリにおける「違反行為」や「利用制限」の通知を装ったり、ポイントの受け取り、精算日の連絡などを偽装したフィッシング攻撃が確認されているもの。フィッシングメールで利用されている「件名」は、同協議会が把握しているだけで13種類に及んでいる。

誘導先の偽サイトでは、メールアドレスやパスワードのほか、SMSで送信される認証番号の入力を求めていた。URLとしても4種類が報告されているという。

10月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
ゆうちょ銀装うフィッシング攻撃 - 24時間以内のアクセス求める
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連