Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版「Firefox 93」をリリースした。セキュリティ面を含めた機能強化のほか、7件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「AVIFビデオコーデック」への対応や、PDFビューアの機能強化、タブのアンロードによるメモリ節約機能などを実装。さらに安全ではない接続によるファイルのダウンロードをブロックする機能や、トラッキングを保護する「SmartBlock 3.0」の搭載、リファラーのトラッキングに対する保護機能の強化を実施した。

脆弱性に関してはCVEベースで7件を修正。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

4段階ある重要度において2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は4件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-38496」や、メモリに起因する脆弱性「CVE-2021-38499」「CVE-2021-38500」「CVE-2021-38501」に対処した。このほか、「中(Moderate)」とされる脆弱性3件を修正している。

また延長サポート版「Firefox ESR 91.2」「同78.15」をあわせてリリースしている。今回リリースされた「Firefox 93」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-32810
CVE-2021-38496
CVE-2021-38497
CVE-2021-38498
CVE-2021-38499
CVE-2021-38500
CVE-2021-38501

(Security NEXT - 2021/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ