Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン

タカラレーベンは、分譲販売する物件のキャンペーン案内メールを送信した際にミスがあり、資料請求した顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、9月27日12時ごろ、分譲販売中の物件の資料請求を行った顧客に送信したキャンペーン案内メールにおいて、誤送信が発生したもの。個別送信の設定を失念し、一斉送信を行ってしまったことから、顧客176人のメールアドレスが流出した。

送信から30分後に受信者から指摘があり問題が判明。同社では対象となる顧客にメールで経緯を報告するとともに謝罪。あわせて電話による謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性