Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市

千葉県八千代市は、学童保育所において個人情報2件をメールで誤送付するミスがあったことを公表した。

同市によれば、同保育所を運営する委託事業者の従業員が、9月8日に学童保育の事例検討における意見募集のため別の従業員にメールを送信する際、誤って入所児童保護者のメールアドレス52件に送信するミスがあったもの。

同メールには、事例検討の対象とする入所児童2人に関する学年、性別、氏名のイニシャルなど含まれていた。入所児童保護者であれば個人を特定できる情報だという。メールを受け取った保護者より電話があり、問題が判明した。

同事業者では、9月8日にメールに児童の情報が含まれていた保護者2人に対して経緯を説明し、謝罪。あわせて誤送信先となった保護者に対しても状況を報告した。

(Security NEXT - 2021/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気