Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市

千葉県八千代市は、学童保育所において個人情報2件をメールで誤送付するミスがあったことを公表した。

同市によれば、同保育所を運営する委託事業者の従業員が、9月8日に学童保育の事例検討における意見募集のため別の従業員にメールを送信する際、誤って入所児童保護者のメールアドレス52件に送信するミスがあったもの。

同メールには、事例検討の対象とする入所児童2人に関する学年、性別、氏名のイニシャルなど含まれていた。入所児童保護者であれば個人を特定できる情報だという。メールを受け取った保護者より電話があり、問題が判明した。

同事業者では、9月8日にメールに児童の情報が含まれていた保護者2人に対して経緯を説明し、謝罪。あわせて誤送信先となった保護者に対しても状況を報告した。

(Security NEXT - 2021/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会