Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市

千葉県八千代市は、学童保育所において個人情報2件をメールで誤送付するミスがあったことを公表した。

同市によれば、同保育所を運営する委託事業者の従業員が、9月8日に学童保育の事例検討における意見募集のため別の従業員にメールを送信する際、誤って入所児童保護者のメールアドレス52件に送信するミスがあったもの。

同メールには、事例検討の対象とする入所児童2人に関する学年、性別、氏名のイニシャルなど含まれていた。入所児童保護者であれば個人を特定できる情報だという。メールを受け取った保護者より電話があり、問題が判明した。

同事業者では、9月8日にメールに児童の情報が含まれていた保護者2人に対して経緯を説明し、謝罪。あわせて誤送信先となった保護者に対しても状況を報告した。

(Security NEXT - 2021/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム