Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース

マイクロソフトは、Chromiumベースのブラウザ「Microsoft Edge」の最新版として「同93.0.961.44」をリリースした。

前回のアップデート「同93.0.961.38」は米時間9月2日にリリースされたが、1週間ほどであらたなアップデートが登場した。CVEベースで1件の脆弱性「CVE-2021-38669」を解消している。

今回の修正は「Microsoft Edge」に特化したもので、詳細は明らかにされていないがタンパリングの脆弱性に対応したという。

同脆弱性の共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」によるベーススコアは「6.4」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み