Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も

Zohoが提供する「ManageEngine ADSelfService Plus」において深刻な脆弱性が明らかとなった。脆弱性の悪用が確認されており、同社や米当局が注意を呼びかけている。

同製品は、「Active Directory」においてアカウントロックやパスワードのセルフリセット、シングルサインオンなどの機能を提供するソフトウェア。

「REST API」の処理において、細工したリクエストにより認証をバイパスされ、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-40539」が明らかとなった。

同社は脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」と評価しており、すでに悪用されていることを把握しているという。

同社は、脆弱性を修正した「同ビルド6114」をリリースしており、利用者にサービスパックを用いてアップデートするよう呼びかけている。また脆弱性の判明を受け、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)などからも注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2021/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正