Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社

医療機器の販売を手がけるムトウは、同社で利用するサーバがランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。同社では復旧作業を進めている。

同社によれば、8月31日朝にサーバが不正アクセスを受けたことに気が付き、ランサムウェアによる攻撃であることを確認した。同社では被害が確認されたサーバすべてを停止し、関係省庁や警察に状況を報告するとともに、復旧作業を進めている。

影響があったと見られる範囲を特定し、対応を進めているとしているが、情報流出の可能性などについては明らかにしていない。本誌では同社に取材を求めたが、「復旧作業を優先しており、現段階で取材には応じられない」とし、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村