Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workspace ONE Access」「vIDM」に脆弱性 - アップデートがリリース

VMwareが提供する「VMware Workspace ONE Access」や旧製品の「VMware Identity Manager(vIDM)」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

両製品に、2件の脆弱性「CVE-2021-22002」「CVE-2021-22003」が明らかとなったもの。スイート製品である「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」なども影響を受ける。

「CVE-2021-22002」は、本来8443番ポート経由でアクセスするウェブコンソールの設定ページに、ホストヘッダを改ざんすることで443番ポート経由でアクセスが可能となる脆弱性。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.6」で、同社は「重要(Important)」とレーティングしている。「vIDM」が実装されている「VMware vRealize Automation 7.6」についても同脆弱性の影響を受ける。

また意図せず7443番ポートにログインインターフェイスを表示する脆弱性「CVE-2021-22003」が明らかとなった。「CVSSv3.0基本値」は「3.7」と評価している。

同社は、脆弱性を修正するアップデートをリリースするとともに、一部回避策をアナウンスした。「VMware vRealize Automation 7.6」に関しては、パッチの提供を計画中としており、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2021/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開