Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに最新ブラウザ「Chrome 92.0.4515.107」をリリースした。

「Chrome 92」では、ピクチャーインピクチャーに関する機能強化や、サイト分離機能の拡張など機能の強化にくわえ、セキュリティに関する35件の修正を実施した。CVEベースで24件の脆弱性に対応したことを明らかにしている。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれておらず、次に高い「高(High)」が9件。「中(Medium)」が13件、「低(Low)」2件についても修正した。

同社は、今回のアップデートを数日から数週間をかけて展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-30565
CVE-2021-30566
CVE-2021-30567
CVE-2021-30568
CVE-2021-30569
CVE-2021-30571
CVE-2021-30572
CVE-2021-30573
CVE-2021-30574
CVE-2021-30575
CVE-2021-30576
CVE-2021-30577
CVE-2021-30578
CVE-2021-30579
CVE-2021-30580
CVE-2021-30581
CVE-2021-30582
CVE-2021-30583
CVE-2021-30584
CVE-2021-30585
CVE-2021-30586
CVE-2021-30587
CVE-2021-30588
CVE-2021-30589

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み