Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに最新ブラウザ「Chrome 92.0.4515.107」をリリースした。

「Chrome 92」では、ピクチャーインピクチャーに関する機能強化や、サイト分離機能の拡張など機能の強化にくわえ、セキュリティに関する35件の修正を実施した。CVEベースで24件の脆弱性に対応したことを明らかにしている。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれておらず、次に高い「高(High)」が9件。「中(Medium)」が13件、「低(Low)」2件についても修正した。

同社は、今回のアップデートを数日から数週間をかけて展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-30565
CVE-2021-30566
CVE-2021-30567
CVE-2021-30568
CVE-2021-30569
CVE-2021-30571
CVE-2021-30572
CVE-2021-30573
CVE-2021-30574
CVE-2021-30575
CVE-2021-30576
CVE-2021-30577
CVE-2021-30578
CVE-2021-30579
CVE-2021-30580
CVE-2021-30581
CVE-2021-30582
CVE-2021-30583
CVE-2021-30584
CVE-2021-30585
CVE-2021-30586
CVE-2021-30587
CVE-2021-30588
CVE-2021-30589

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明