Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大

福山市立大学は、オープンキャンパスの参加者に対して送信したアンケートを依頼するメールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、「オープンキャンパス2021」の参加申込者237人に送信したアンケートの依頼メールにおいて、誤送信が発生したもの。

送信先のメールアドレスを誤って宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが表示される状態となった。4人については氏名も含まれる。

今回の問題を受け同大では関係者に対して謝罪。再発の防止にあたり、職員に個人情報管理の周知徹底を図り、ダブルチェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2021/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
2021年上半期の開示要請は2037件、70%に対応 - LINE
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
誤送信で研修参加者のメールアドレスが流出 - 岐阜県
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
プログラミング教室申込者の個人情報が流出 - 大東市
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン