Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチが公開

オープンソースの脅威情報共有プラットフォーム「MISP(Malware Information Sharing Platform)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

「同2.4.144」において入力値に対するサニタイズ処理が行われておらず、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-35502」が判明したもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームでは、アップデート「同2.4.145」および「同2.4.146」をリリース。新機能の追加や機能改善のほか、同脆弱性や「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性に対する修正を実施したという。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中