Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省

総務省は、電気通信事業法に基づく届け出に関する情報を含んだ文書を誤って添付し、沖縄県内にある複数の高校へメールで送信したことを明らかにした。

同省によれば、5月10日14時半ごろ、同省沖縄総合通信事務所より広報資料を沖縄県内の高校68校にメールで送信した際、誤って電気通信事業法に基づく業務の届け出に関する情報を含んだ文書を添付するミスがあったという。届出者4者の情報が含まれる。

メール送信後、同事務所でミスに気がついた。同省では送信先に謝罪してメールの削除を依頼。添付文書に情報が含まれていた関係者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず