Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省

総務省は、電気通信事業法に基づく届け出に関する情報を含んだ文書を誤って添付し、沖縄県内にある複数の高校へメールで送信したことを明らかにした。

同省によれば、5月10日14時半ごろ、同省沖縄総合通信事務所より広報資料を沖縄県内の高校68校にメールで送信した際、誤って電気通信事業法に基づく業務の届け出に関する情報を含んだ文書を添付するミスがあったという。届出者4者の情報が含まれる。

メール送信後、同事務所でミスに気がついた。同省では送信先に謝罪してメールの削除を依頼。添付文書に情報が含まれていた関係者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ