Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省

総務省は、電気通信事業法に基づく届け出に関する情報を含んだ文書を誤って添付し、沖縄県内にある複数の高校へメールで送信したことを明らかにした。

同省によれば、5月10日14時半ごろ、同省沖縄総合通信事務所より広報資料を沖縄県内の高校68校にメールで送信した際、誤って電気通信事業法に基づく業務の届け出に関する情報を含んだ文書を添付するミスがあったという。届出者4者の情報が含まれる。

メール送信後、同事務所でミスに気がついた。同省では送信先に謝罪してメールの削除を依頼。添付文書に情報が含まれていた関係者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信