Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省

総務省は、電気通信事業法に基づく届け出に関する情報を含んだ文書を誤って添付し、沖縄県内にある複数の高校へメールで送信したことを明らかにした。

同省によれば、5月10日14時半ごろ、同省沖縄総合通信事務所より広報資料を沖縄県内の高校68校にメールで送信した際、誤って電気通信事業法に基づく業務の届け出に関する情報を含んだ文書を添付するミスがあったという。届出者4者の情報が含まれる。

メール送信後、同事務所でミスに気がついた。同省では送信先に謝罪してメールの削除を依頼。添付文書に情報が含まれていた関係者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
国立天文台職員がチリで車上荒らし被害、PCが盗難
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会