Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省

総務省は、電気通信事業法に基づく届け出に関する情報を含んだ文書を誤って添付し、沖縄県内にある複数の高校へメールで送信したことを明らかにした。

同省によれば、5月10日14時半ごろ、同省沖縄総合通信事務所より広報資料を沖縄県内の高校68校にメールで送信した際、誤って電気通信事業法に基づく業務の届け出に関する情報を含んだ文書を添付するミスがあったという。届出者4者の情報が含まれる。

メール送信後、同事務所でミスに気がついた。同省では送信先に謝罪してメールの削除を依頼。添付文書に情報が含まれていた関係者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明