Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生

トレンドマイクロの法人向けエンドポイントセキュリティ対策製品において、既知の脆弱性を狙った攻撃が確認された。同社は最新の修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

2020年8月に公表された「Trend Micro Apex One」「Apex One SaaS」「ウイルスバスターコーポレートエディション」の脆弱性「CVE-2020-24557」に対する攻撃が確認されたもの。

脆弱性の悪用により、権限の昇格が生じ、製品のフォルダを操作することでWindowsにおける特定機能を悪用したり、セキュリティ対策機能が無効化されるおそれがある。脆弱性を悪用するには、端末においてユーザー権限が必要で、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.8」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同社は、2020年11月17日に公開した「Trend Micro Apex One 2019 Critical Patch(ビルド 8422)」、および「ウイルスバスター コーポレートエディション XG Service Pack 1 Critical Patch(ビルド5702)」で脆弱性に対処したとしており、未適用の場合は、最新の修正プログラムを適用するよう注意を喚起した。「Apex One SaaS」については、2020年8月のメンテナンスで対応済みとしている。

「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」にも同様の脆弱性が存在するが、同社が確認した悪用の事例では影響は受けないとしている。

(Security NEXT - 2021/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因