Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

医療や介護関連用品を取り扱う通信販売サイト「ケンコーオンラインショッピング」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることが判明した。

同サイトを運営するケンコーによれば、2019年9月14日から2020年10月23日にかけて、同サイトで商品を購入した顧客のクレジットカード情報が流出し、一部のカード情報が不正利用された可能性があるという。

不正アクセスにより、決済アプリケーションが改ざんされたのが原因で、顧客のクレジットカード情報152件が流出した可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

2020年10月23日にクレジットカード会社からカード情報流出の可能性について指摘があり、問題が判明した。

2020年11月11日に警察へ被害を申告。外部調査会社による調査は12月25日終了した。個人情報保護委員会には、3月10日に報告を行った。対象となる顧客には、3月29日より書面による報告と謝罪を行い、身に覚えのない請求などが行われていないか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害