Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「baserCMS」に、複数の脆弱性が明らかになった。最新版へのアップデートを呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、3件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2021-20682」は、OSコマンドインジェクションの脆弱性。同製品の管理者権限があり、悪意のあるプラグインをアップロードすることで任意のOSコマンドが実行可能となる。今回判明した脆弱性ではもっとも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが高く、「7.2」とレーティングされている。

また編集画面などに「JavaScript」の入力制限における不備の脆弱性「CVE-2021-20681」「CVE-2021-20683」が明らかとなっている。CVSSv3基本値はいずれも「5.4」。

いずれも外部より情報処理推進機構(IPA)に対して報告があったもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。開発者は、これら脆弱性を修正した「同4.4.5」をリリース。アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ