Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都

東京都は、東京都児童相談センターの職員が帰宅途中に個人情報が記載されたノートを紛失したことを明らかにした。

都によると、同職員は3月12日に退庁後、18時ごろから23時ごろにかけて飲食店に立ち寄り、ビールや焼酎など10杯ほど飲酒。その後タクシーで自宅に向かう途中、気分が悪くなり下車したところそのまま眠り込んでしまったという。翌13日1時過ぎ、目を覚ましたところ、鞄が見あたらないことに気がついた。

問題のノートには、児童相談所で扱う4件の事案について記載があり、子供の氏名、学年、住所、相談内容などが含まれる。個人情報の持ち出しは禁止されており、業務上やむを得ず持ち出す場合には上長の許可が必要だったが、許可を得ていなかった。

翌13日に警察へ紛失を届け、付近を捜索したが見つかっていない。都では、関連する家庭に連絡を取り、事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区