Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe ColdFusion」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートをリリース

Adobe Systemsは、定例外で「Adobe ColdFusion」のセキュリティアップデートをリリースした。

入力内容の検証処理に問題があり、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-21087」が明らかとなったもの。

すべてのプラットフォームに影響があり、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は脆弱性へ対処した「ColdFusion 2021 Update 1」「同2018 Update 11」「同2016 Update 17」をリリース。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに