Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、3製品に向けて深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

「Adobe Creative Cloud Desktop Application」のWindows版では、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21078」やファイルの上書きが可能となりコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2021-21068」や、権限昇格の脆弱性「CVE-2021-21069」が判明した。

同じくWindows版の「Adobe Framemaker」では、域外のメモリを読み込み、コードが実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-21056」が存在する。いずれも重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また「Adobe Connect」では、「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2021-21085」のほか、1段階低い「重要(Important)」とされる脆弱性3件などあわせて4件が明らかとなった。すべてのプラットフォームで脆弱性の影響を受けるとしている。

同社はそれぞれの製品に向けてアップデートをリリースした。いずれも脆弱性の悪用は確認されておらず、同社は適用優先度を3段階中もっとも低い「3」として任意のタイミングで更新するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正