Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、3製品に向けて深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

「Adobe Creative Cloud Desktop Application」のWindows版では、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-21078」やファイルの上書きが可能となりコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2021-21068」や、権限昇格の脆弱性「CVE-2021-21069」が判明した。

同じくWindows版の「Adobe Framemaker」では、域外のメモリを読み込み、コードが実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-21056」が存在する。いずれも重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また「Adobe Connect」では、「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2021-21085」のほか、1段階低い「重要(Important)」とされる脆弱性3件などあわせて4件が明らかとなった。すべてのプラットフォームで脆弱性の影響を受けるとしている。

同社はそれぞれの製品に向けてアップデートをリリースした。いずれも脆弱性の悪用は確認されておらず、同社は適用優先度を3段階中もっとも低い「3」として任意のタイミングで更新するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス