Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み

「Apache Tomcat」において複数の脆弱性が明らかとなった。2月初旬にリリースされたアップデートで修正済みだという。

「CVE-2021-25122」は、「h2c」による接続リクエストのレスポンス生成に不備がある脆弱性。第三者によりリクエストの結果を参照されるおそれがある。

また2020年5月に公開された「同10.0.0-M5」「同9.0.35」「同8.5.55」「同7.0.104」で修正された脆弱性「CVE-2020-9484」への対応が不十分であることが明らかとなった。

利用されることがまれな特定の構成において影響を受けるとしており、あらたに「CVE-2021-25329」が採番されている。

これら脆弱性は、2月初旬にリリースされた「同10.0.2」「同9.0.43」「同8.5.63」「同7.0.108」で修正された。3月1日に脆弱性が公開されたことを受け、JPCERTコーディネーションセンターなども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性