Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都

東京都は、町会の代表者の個人情報を、東京都電子調達システムにおいて1週間にわたり誤って公開していたことを明らかにした。

都によれば、東京都電子調達システムに印刷物の契約案件を公表した際、印刷物の配布先の名称のみ公表すべきところ、誤って印刷物の配布先である町会の代表者100人分の個人情報を公表したという。代表者の氏名、住所、電話番号が含まれる。

公表にあたり、表計算ファイル内の配布先一覧をPDFファイルに変換した際、個人情報を含むデータも変換し、公表用仕様書として作成。1月28日9時から2月3日17時まで、個人情報を含む仕様書を公表していた。

2月12日に仕様書のファイルを印刷したところ、個人情報が含まれていることに気づいた。都では、対象となる関係者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か