Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都

東京都は、町会の代表者の個人情報を、東京都電子調達システムにおいて1週間にわたり誤って公開していたことを明らかにした。

都によれば、東京都電子調達システムに印刷物の契約案件を公表した際、印刷物の配布先の名称のみ公表すべきところ、誤って印刷物の配布先である町会の代表者100人分の個人情報を公表したという。代表者の氏名、住所、電話番号が含まれる。

公表にあたり、表計算ファイル内の配布先一覧をPDFファイルに変換した際、個人情報を含むデータも変換し、公表用仕様書として作成。1月28日9時から2月3日17時まで、個人情報を含む仕様書を公表していた。

2月12日に仕様書のファイルを印刷したところ、個人情報が含まれていることに気づいた。都では、対象となる関係者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便