Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

glibcのJISコード処理に脆弱性 - アップデートがリリース

「GNU C Library 2.32」の日本語処理などに脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

「同2.32」および以前のバージョンに、関数「iconv」で「ISO-2022-JP-3」の処理を失敗してプログラムが中断し、サービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性「CVE-2021-3326」などが明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」で、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

開発チームは、「同2.33」をリリース。同脆弱性をはじめ、「CVE-2020-27618」「CVE-2020-29562」「CVE-2019-25013」のあわせて脆弱性4件やバグの修正など行った。

(Security NEXT - 2021/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも