Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン

イオンがウェブサイトに設置していた問い合わせフォームに不備があり、個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、同社ウェブサイトの問い合わせフォームにおいて設定の不備があり、フォームへ入力された情報へアクセスが可能な状態となっていたもの。1月3日に外部から指摘があり、問題が判明した。

アクセスが可能となっていたのは、2014年9月17日から停止した2021年1月4日16時まで6年以上にのぼるという。同社が2020年12月5日から2021年1月4日までの直近1カ月についてアクセス状況を調べたところ、海外の同一アクセス元より2回のアクセスが行なわれていたことも確認した。

問い合わせフォームより、2014年9月17日から同年10月20日にかけて個人情報859件が送信されており、第三者によってアクセスされた可能性がある。氏名や電話番号、性別、メールアドレス、問い合わせ内容などが含まれる。

同社では、問い合わせフォームを同月4日16時から6日15時まで停止して修正を実施。引き続き調査を進めている。また個人情報保護委員会へ報告するとともに、情報が閲覧された可能性がある顧客に対し、謝罪するとともに、相談窓口の案内を行っている。

(Security NEXT - 2021/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に