Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、メディア向けに送信したメールで送信ミスがあり、氏名やメールアドレスが流出したことを公表した。

同法人によれば、12月18日10時過ぎ、新聞記者などメディアに対して2回にわたり送信したメールにおいて、送信先を宛先に誤って設定するミスが発生したもの。

同一グループ内の受信者間で氏名、メールアドレス、所属を閲覧できる状態となった。送信ミスは2回あり、のべ266人分のメールアドレスが含まれる。

同法人では同日中に対象となる関係者に謝罪。誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2020/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県
セミナー案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 積水ホームテクノ
外国人技能実習監理団体のメアドが流出 - 東京都
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
メール誤送信でワークショップ参加者の個人情報が流出 - 千葉市
案内メール誤送信でメルマガ登録者のメアド流出 - 鹿児島市
サポーター企業への情報提供メールで誤送信 - 三重県