Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.3」および「iPadOS 14.3」をリリースした。旧端末に対してもアップデートを用意している。

今回のアップデートは、機能の強化やバグの修正のほか、脆弱性に関しては11件に対処した。具体的には、権限のないコードの実行によって認証ポリシー違反が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2020-27951」を修正した。

またフォント処理や画像処理における複数の脆弱性に対応。さらに「WebRTC」や「App Store」、オーディオ処理に関する脆弱性を解消している。

あわせて同社は旧端末向けに「iOS 12.5」を公開。脆弱性に関して「CVE-2020-27951」の修正を行った。そのほか「watchOS 7.2」「同6.3」「tvOS 14.3」についてもリリースしている。

「iOS 14.3」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-15969
CVE-2020-27943
CVE-2020-27944
CVE-2020-27946
CVE-2020-27948
CVE-2020-27951
CVE-2020-29611
CVE-2020-29613
CVE-2020-29617
CVE-2020-29618
CVE-2020-29619

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開