Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.3」および「iPadOS 14.3」をリリースした。旧端末に対してもアップデートを用意している。

今回のアップデートは、機能の強化やバグの修正のほか、脆弱性に関しては11件に対処した。具体的には、権限のないコードの実行によって認証ポリシー違反が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2020-27951」を修正した。

またフォント処理や画像処理における複数の脆弱性に対応。さらに「WebRTC」や「App Store」、オーディオ処理に関する脆弱性を解消している。

あわせて同社は旧端末向けに「iOS 12.5」を公開。脆弱性に関して「CVE-2020-27951」の修正を行った。そのほか「watchOS 7.2」「同6.3」「tvOS 14.3」についてもリリースしている。

「iOS 14.3」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-15969
CVE-2020-27943
CVE-2020-27944
CVE-2020-27946
CVE-2020-27948
CVE-2020-27951
CVE-2020-29611
CVE-2020-29613
CVE-2020-29617
CVE-2020-29618
CVE-2020-29619

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み