Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開

OpenSSLの開発チームは、脆弱性を修正したアップデート「OpenSSL 1.1.1i」「同1.0.2x」をリリースした。

今回のアップデートは、バグの修正のほか、NULLポインタ参照の脆弱性が生じてクラッシュし、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2020-1971」に対処したもの。

開発チームでは、同脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1i」「同1.0.2x」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

ただし、「同1.0.2系」については2019年12月にサポートが終了している。パブリックアップデートは提供されておらず、拡張プレミアムサポートを契約している場合にのみアップデートを利用できる。

(Security NEXT - 2020/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性