Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Cordova」向けカメラプラグインに情報漏洩のおそれ

モバイルアプリの開発フレームワーク「Apache Cordova」向けに提供されているプラグイン「Apache Cordova Plugin camera」に情報漏洩のおそれがある脆弱性「CVE-2020-11990」が明らかとなった。

同ソフトは、カメラ機能や画像操作などの機能を提供する「Apache Cordova」向けのプラグイン。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインでは外部ストレージを画像ファイルのキャッシュ保存に利用しており、外部ストレージへのアクセスが許可された他アプリよりキャッシュファイルを取得されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「3.3」。

セゾン情報システムズの松村章宏氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同脆弱性は、ソースコードリポジトリ上において「同4.2.0」で修正されているが、正式にはリリースされておらず、「同5.0.0」より修正が反映されているという。開発に同プラグインを用いている場合は、同バージョン以降を利用し、アプリを更新するよう注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開