Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco AnyConnect」にゼロデイ脆弱性 - アップデートを準備中

Cisco Systemsが提供するVPN製品「Cisco AnyConnectセキュアモビリティクライアント」に脆弱性が判明した。実証コードがすでに公開されており、同社ではアップデートの準備を進めている。

同製品のIPCチャンネルにおいて、認証に問題があり、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-3556」が明らかとなったもの。

細工したメッセージによって脆弱性を悪用されると、スクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「7.3」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

脆弱性の悪用には、ユーザーのシステムにおける認証情報が必要で、同製品でセッションを確立している状況で攻撃を行う必要がある。また「Bypass Downloader」の設定が有効化されている場合は影響を受けない。

脆弱性の悪用は確認されていないが、脆弱性の実証コード(PoC)がすでに公開されているという。

「Windows版」「macOS版」「Linux版」のいずれも影響があり、同社ではアップデートの提供に向けて準備を進めている。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正