Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」

パスワードを使い回している回答者に理由を尋ねたところ、「異なるパスワードを設定すると忘れてしまう」が71.4%で、「異なるパスワードを考えるのが面倒」が49.4%だった。11.6%は「使い回してもリスクはないと思っている」と回答している。

また今回の回答者のうち、19.4%は過去に不正アクセスや情報流出の被害経験があった。内訳を見ると、「個人情報の流出」が46%、「SNSアカウントの不正操作」が37%、「ECサイトの不正利用」が15%、「ネットバンキングの不正送金」が4%だった。

機微な情報の取り扱う機会について、新型コロナウイルス感染拡大の前後の変化を尋ねたところ、17.3%の回答者が今まで以上に機微な情報をインターネットで取り扱うことが増えたという。また新型コロナウイルス感染拡大にともない、あらたにウェブサービスへ登録した回答した117人に限定すると、40.2%が機微情報の取り扱いが増えたと答えた。

20200930_tm_002.jpg
パスワードを使い回す理由(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2020/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
IPA、「2014年版10大脅威」を取りまとめ - 標的型攻撃の脅威が再び首位に
専門家が最も懸念する脅威は? IPAが2013年版の10大脅威を発表
組織が優先的に対応すべき脅威を有識者が順位付け
有識者がもっとも注目した2011年の脅威は「標的型攻撃」 - 「震災」「アノニマス」問題も上位に
IPA、2009年の情報セキュリティ10大脅威を発表 - 「Gumblar」関連の脅威が上位
IPAが2008年10大脅威を発表 - 「多様化する脅威へ立場に応じた対策を」