Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに同社ブラウザの最新版となる「Chrome 85.0.4183.121」をリリースした。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する10件の修正を実施。脆弱性に関してはCVEベースで7件について修正したことを明らかにしている。

重要度は、「高(High)」が5件、「中(Medium)」「低(Low)」がそれぞれ1件づつで、「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

「高」とされる脆弱性は、ストレージにおいて域外からメモリ読み込む「CVE-2020-15960」、JavaScriptエンジンである「V8」にて域外メモリへの書き込む「CVE-2020-15965」のほか、ポリシーの適用が不十分である脆弱性3件に対応している。

同社では、今後数日から数週間以内に同プログラムを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2020/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も