Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を

Skyが提供する資産管理ソリューション「SKYSEA Client View」に権限の昇格が生じる脆弱性が含まれていることがわかった。システム権限を取得されるおそれがあり、同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同社によると、「同15.210.05f」から「同12.200.12n」までに権限昇格の脆弱性「CVE-2020-5617」が明らかとなったもの。同脆弱性が悪用されると、システム権限で任意のコードを実行されるおそれがあり、重要な情報の漏洩や改ざん、任意の操作などが行われるおそれがある。

スタンドアロンを含む「端末」のほか、「マスターサーバー」「管理端末」なども影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」によるスコアは「7.8」。

今回の脆弱性について同社は、脆弱性に対する攻撃の報告は受けていないと説明。保守契約を結んでいるユーザー向けに修正モジュールを用意し、アップデートを呼びかけている。また同社は、脆弱性の周知に向けてJPCERTコーディネーションセンターに報告しており、同センターでは調整を実施した。

脆弱性情報のポータルサイトである「JVN」では、今回の脆弱性を「緊急」と評価し、利用者へ早急に対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース