Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を

複数のセキュリティ研究者より脆弱性について報告を受けたCisco Systemsでは、7月22日にアドバイザリをリリース。「Cisco ASAソフトウェア」「Cisco FTDソフトウェア」向けにアップデートの提供を開始した。

これを受けて脆弱性を報告したセキュリティ研究者のひとりが実証コードを公開。その後、脆弱性の悪用を確認したとしてCisco Systemsでは、アドバイザリを更新し、利用者へ早急にアップデートを実施するよう再度注意喚起を行った。

またRapid7によれば、Ciscoが脆弱性を公表する以前の7月18日より「Cisco ASA」を探索する動きが見られたと指摘。7月24日の時点で脆弱性を悪用しようと攻撃を断続的に検知しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も