Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性

VMwareがmacOS向けに提供する複数製品に脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「VMware Fusion」「VMware Remote Console for Mac」「Horizon Client for Mac」において、「XPCクライアント」の検証処理に問題があり、権限の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2020-3974」が判明したもの。

脆弱性を悪用することで、ユーザーがインストールされているシステムのルート権限を取得することが可能になるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「7.8」で、重要度は4段階中上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「VMware Fusion 11.5.5」「VMware Remote Console for Mac 11.2.0」「Horizon Client for Mac 5.4.3」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消