Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性

VMwareがmacOS向けに提供する複数製品に脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「VMware Fusion」「VMware Remote Console for Mac」「Horizon Client for Mac」において、「XPCクライアント」の検証処理に問題があり、権限の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2020-3974」が判明したもの。

脆弱性を悪用することで、ユーザーがインストールされているシステムのルート権限を取得することが可能になるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「7.8」で、重要度は4段階中上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「VMware Fusion 11.5.5」「VMware Remote Console for Mac 11.2.0」「Horizon Client for Mac 5.4.3」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で