Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る

KDDIが展開するブランド「au」を装い、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールでは、「サインインの試行がブロックされました」「2つの不正なデバイスを検出したため、au IDをロックしました」などと説明。アカウントのロック解除を口実に偽サイトへ誘導しようとしていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログイン情報としてIDとパスワードを詐取。さらに遷移したページでは24時間以内に要求した情報を更新しないとサービスが終了するなどとして、氏名や生年月日、住所、電話番号のほか、クレジットカード情報など入力させようとしていた。

またクレジットカード番号と有効期限は1度入力させたにもかかわらず、再度入力させて追加認証である「3Dセキュア」についてもだまし取る。

今回確認されたフィッシングサイトは、停止していることが確認されているが、同協議会では類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意