Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ADのPWセルフリセット製品にRCE脆弱性 - 報奨金制度で報告

「Active Directory」においてユーザー自身でアカウントロックの解除やパスワードのリセットを行える機能を提供するZohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品に、認証を必要とすることなく、リモートからコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2020-11518」が明らかとなったもの。バグバウンティプログラムを通じて報告を受けたという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、最高値10のところ「9.8」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受け、同社では4月4日に脆弱性を修正した「同5815」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処