Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ製品のインストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を

トレンドマイクロが提供する複数製品のインストーラーに、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2019-14688」が明らかとなった。

複数製品のインストーラーの検索パスに問題があり、同一ディレクトリ内にあるライブラリを意図せず読み込むもので、脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。すでにインストール済みの製品は影響を受けない。

同脆弱性は、トレンドマイクロが周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。最新版のインストーラーを利用するよう呼びかけられている。

今回脆弱性が判明した製品は以下のとおり

ウイルスバスターコーポレートエディションXG(管理サーバ)
ウイルスバスタークラウド15
Trend Micro Control Manager 7.0
ServerProtect for EMC Celerra 5.8
ServerProtect for NetApp 5.8
ServerProtect for Storage 6.0
ServerProtect for Windows 5.8
Trend Micro Mobile Security 9.8
Trend Micro Endpoint Sensor 1.6
InterScan for Microsoft Exchange 14
InterScan Messaging Security Suite 7.5
InterScan WebManager 8.5 および 9.0

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ