Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフレームワーク「Symfony」がアップデート - 複数脆弱性を修正

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」のアップデートが公開された。バグとともに複数の脆弱性が修正されている。

今回のアップデートでは、ファイアウォールにおいてアクセス制御における属性の処理が正しくおこなわれない「CVE-2020-5275」をはじめ、レスポンスのヘッダ情報に「Content-Type」が含まれていない場合に正しく処理が行われない「CVE-2020-5255」や、「ErrorHandler」におけるエスケープ処理の問題「CVE-2020-5274」など3件の脆弱性を修正した。

脆弱性によって影響は異なるが、3件のうち共通脆弱性評価システム「CVSSv3」の値は「CVE-2020-5275」がもっとも高く、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」によるスコアリングは「8.1」、重要度が「高(High)」とされている。

「CVE-2020-5275」「CVE-2020-5255」については、最新版となる「同5.0.7」「同4.4.7」でバグフィクスなどとあわせて修正された。「CVE-2020-5274」については、2月29日にリリースされた「同5.0.5」「同4.4.5」において、すでに対応済みだという。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ